« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月22日 (水)

ポジ持つのが怖い時はオプションで☆ トレード実況中継

春が近づいてきて

ルームメイトの動きが活発になってきました。

010

めっちゃ食欲旺盛です。

******************

凄い円安ですね。

この水準になってくると

買うのも怖いし

売るのも怖い

悩ましい相場です。

そんな時は

オプションが一番です☆

久しぶりなんで

400円でお試しトレード

106.23でユロ円売り発射!

106.14

少額だと

ほんと強いんですよね。

でもこのまま行って欲しい。

あと3分です。

結果は

ヽ(´▽`)/

222

いつもながら

単価を上げなければ

驚異的な勝率ですpaper

| コメント (10) | トラックバック (0)

2012年2月17日 (金)

久しぶりの

白鵬

“これが負けか…”

hayapika

“これが勝ちか…”

思わず白鵬関と同じセリフが口に出ました。

それくらい久しぶりの勝利です。

魂の+25pips

(スワップのおまけつき)

_/\○_   ε=\_○ノ イヤッホーゥ!

25pips

これをたった30回続ければ

昨日の負けを取り戻せますpaper

今年の負けも僅か50回でOK

FXを始めてからの負けを取り戻すには

ほんの

軽いもんです。

久しぶりに

家で仕事しながら飲んでますが

勝利の美酒は格別ですねbottle

たまにはこんな日があってもいいよね~(*^-^)

| コメント (12) | トラックバック (0)

2012年2月16日 (木)

ありえないほど正確に逆に動く もしかして為替を動してるのはおいらなのか?

含み損に

耐えて

耐えて

持ち続けたユーロショート

我慢しきれず

昼間に

103.40でリリースしたら

今回も

そこが

天井だったようです

(´;ω;`)ウウ・・・

今、早くも、102.25

最近

ありえないくらい

自分のトレードの真逆に相場が動きます。

考えすぎかもしれませんが

今回のユーロショートも

ロング星人だったおいらが

ショートを始めた途端に

これまでの下げ基調が終わりを告げて

どんどん上がっていきました。

そしてポジを手じまいした途端

上昇基調が急激に止まってしまった気がします。

もしかして

おいらが為替を動かしてるのか?

ツイッターしてます。

今なら皆様のお役に立てそうです。

| コメント (6) | トラックバック (0)

2012年2月15日 (水)

バレンタインで負け FXで負け 

タイトルの通りです。

人生、こんなもんですね(^-^;

温めていた

98円と101円のユーロショートに

今日の昼間別れを告げました。

Photo

 ↑

成り行きオファーが

しっかり7pips滑ってくれてる

芸の細かさも見逃さないでくださいねpaper

それにしても

800pips超の損切りは

メンタルにも財布にもよくないですdown

望む方と

常に

逆に

進むおいらの人生。゜゜(´□`。)°゜。

まぁ

資金もポジションも

すっかり無くなって

逆にスッキリしました。

イチから出直しです☆

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月12日 (日)

新しい仲間/ごぼう

今日はほんとに久々の休みでした♪

貴重な休みを共に過ごせる

新しい仲間が

hayapika家に加わりました。

004

新しい仲間の登場に

子どもたちも大喜びです☆

親子3人で仲良く回し読みしてたら

鬼嫁に発狂されました。

勉強よりも仲間の方が大切だと思うのですが

FXは

最近は、このお2人と付き合ってます。

Photo_2

正直、付き合わなければ良かったと思ってるのですが

別れたくても

私の方からは

なかなか別れを言いだせない状況になってきました。

末長く付き合うか

大喧嘩して別れるか

どちらかになりそうな予感です(^-^;

******************

40歳が近くなって

アンチエイジングに

興味を持ち始めました。

同僚からごぼうがいいと聞いたので

さっそく買ってきましたpaper

005

さて

どう食べようか(^-^;

******************

↓ お帰り前は忘れずに(◎´∀`)ノ

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

にほんブログ村 為替ブログ 豪ドルへ
にほんブログ村

| コメント (8) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »